bgvbnfgjgfjj

まーだそんなこと言
  • 2013.10.24 15:12 (Thu)

まーだそんなこと言ってんのか?」
ヘイゼルが呆れた顔で、床に転がっているアンゲルを見おろした。
「あのー」エブニーザがおずおずと言いだした「やっぱり僕の部屋を使ったら……」
「ダメ!」
「許さん!」
アンゲルとヘイゼルが同時に叫んだ。エブニーザは困惑の顔で瞬きした。
2-12エレノアフランシス女子寮
同じ日、エレノアの機嫌を取りたいフランシスが、めずらしく自分からヘイゼルに電話をかけようとしていた。
確か、ヘイゼルと一緒にいた男が気になるって言ってたわね。www.xicheren.com

エレノア本人が『出て行かない』と言っているにもかかわらず、フランシスは怯えていた。何かエレノアの気を引くようなことをしないと、またルームメイトを失うかもしれない。そしてあの悪しきヘイゼルが『ルームメイトその36!』とか叫ぶのを聞かなければいけなくなるのだ。それだけはどうしても避けたい。
『おやおや、ご令嬢自らお電話とは、台風でも近付いてるのかね?』
ヘイゼルのふざけた声が聞こえてきた。いつもならここで怒鳴り散らして受話器を置くところだが、そういうわけにはいかない。
「あんたが管轄区から連れてきた男について知りたいんだけど」gucci バック

『は?ああ、エブニーザ?そんなこと聞いてどうするのかね』
「あんたのことだから、どうせ何かに利用するために連れ回してるんでしょ?どういう使い方をしてるわけ?シュタイナーと関係があるって本当なの?」
『なぜそんなことが気になるのかな?』
「うちだってシュタイナーとは取引があるのよ!」フランシスはイラついた声で叫んだ「聞いちゃ悪い?」
『あいつはかわいそうな奴なのだぞ』独特の語り口調でヘイゼルが話し始めた『管轄区でひとさらいが流行っていたのは知ってるだろ?あいつはその被害者の一人でな……』
「人さらいの被害者?」
『強制労働させられていたところから逃げ出して、シュタイナーに拾われたのさ』
「何それ。どこの何者かわからないじゃないの、そんな奴どうして引き取ったのよ」
『そんなことを聞いてどうするのかね。あ~わかったぞ。エブニーザがいつも俺のそばにいるから邪魔なんだろ?嫉妬してるな?』
「そんなわけないでしょ!バカじゃないの!」gucci 財布 メンズ

『いやーそのむきになって怒鳴るところがあやし……』
フランシスは電話を乱暴に切った。
「受話器はもっと優しく置かないとダメよ。壊れるわ」
後ろから声がしたのでフランシスが飛び上がった。帰ってきたエレノアが呆れた顔でフランシ

● COMMENTS ●

管理者にだけ表示を許可する

● TRACKBACKS ●

この記事のトラックバックURL:
http://nm789456.blog.petitmallblog.jp/tb.php/1-4ef42b6d

TOP

PROFILE

CALENDAR

« 2014.12 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MONTHLY

ENTRIES

CATEGORIES

COMMENTS

TRACKBACKS

コミュニケーションサイト「スマ恋」 スティッカムホーム monolisをはじめてプレゼントをゲットしよう!キャンペーン

Designed by Petitmall blog